もっと詳しく!フェアトレード商品のこと食・農・自然な暮らし

チョコは神の食べ物?!

 

カカオの木の学名が 「神の食べ物(ギリシャ語)」 なんですって!その昔は上流階級でも めったに口にできない 貴重な食物だったそう!


脳とカラダをサビから守る!

カカオのポリフェノールは人類の救世主かも!

 

血流を良くするので、冷え改善・記憶力UP・抜け毛白髪にきく!

カカオのポリフェノールは特にストレスに強い!

ヒスタミンをおさえるのでアレルギー予防!

活性酸素をおさえるので美肌の維持!

善玉菌を増やすので便秘&下痢の改善!

ケトン体をたくさんつくるので脳が動くし、アルツハイマーの予防にもなる!

アメリカ人とフランス人。肉をたくさん食べるのは同じなのに、フランス人の心臓病が少ないのはポリフェノールが多く含まれている「赤ワイン」をたくさん飲むから、だとか?。


 

安いチョコの中には、砂糖30~40%、 植物性油脂40%、というものもあるとか?!
植物性油脂と砂糖だけで7割を超えるなんてナンセンスだと思いませんか。

植物油とカカオをくっつけるために使うのが 「乳化剤」=界面活性剤の一部。
混ざりにくい植物油とカカオパウダーを 手っ取り早くくっつけ、夏でもとけない チョコに仕上げてくれる。
ポリフェノールの高い カカオをとっているつもりが・・・・添加物と油と砂糖を食べてる???

安いチョコの中身は・・

 

※酸化防止剤のBHAは高い発がん性を持つことが分かり、厚生省が一度、全面禁止を検討しました。

現在パーム油への使用のみ許可されているそうです。


 

チョコは本来カカオにプラスαしたシンプルなもの。原材料をみてから選んでくださいね!

のっぽくん店内チョコレート売場では、迷子になりそうなくらいホンモノのチョコレートが並んでいます!
ご試食もサービス価格でできますので見かけたスタッフにお声かけくださいね!(10種類から5種類選べて300円)


 

答え

油が悪いと毛穴が詰まりやすくなります。
質の悪い植物油をたくさん入れて、砂糖でカラダを冷やし血流が悪くなる、、、そりゃニキビになる・・・お肌も荒れる・・・

カラダをつまらせない、 良い油のチョコを食べてね!


 ・

答え

◎ 皮膚を柔らかくする
角質を落としやすくし、ニキビや吹き出物をできにくくしてくれます。

◎ 乾燥から皮膚を守る
保湿効果も抜群。30%以上の割合で含まれるオレイン酸が、皮脂の蒸発を防ぎ、乾燥を予防してくれます。

◎ 香りでリラックス
香料ではない、カカオ特有の香りを吸い込んでみて! いい香りと感じるようなら、今のあなたに必要な香り。リラックスさせてくれます。

もうひとつ、カカオ豆は焙煎することで、 ポリフェノールがふえるんです!

 交通量の多い道路で子どもに 声をかけ、出来るだけ大勢を カカオ農園に送る(1998年ユニセフ調べ)
 

神の食べ物と云われ、高価だったカカオが、安くたくさん出回るようになった理由の一つが、「子どもドレイ」の存在。

カカオの産地コートジボワールでは、人さらいが大きなビジネスになってしまっていて、子どもひとりの値段は150$(15000円)。

 「一年間の給料は15000円」

 「そこから食費と宿代をひかれて何も残らない」

 「ほとんど何も食べていない子どももいる」

 「カギのかけられた小屋で暮らしている」

カカオを巡ってあまりにもたくさんのお金が動くため、「カカオを支配するものが国を支配する」と言われるほど。(「チョコレートの真実」より)

日本に入ってくるカカオはほとんどが西アフリカ産。
たとえ大人が作ったカカオだとしても買取の価格が安すぎてカカオ農家さんがろくに食べられない、
という問題も、産地では当たり前のように起きています。
子どもドレイが作っていたり、安く買いたたいたカカオだったり、そんなのばっかりは、嫌だなあ・・

 
ピープルツリーのチョコは ボリビアのカカオ使用。

 

●農薬を使わない農業
●原生林を大切にした暮らし
●急な病気のときにみんなが使える共同募金がある

農家さんが集まって団体をつくり、カカオの値段も自分たちの暮らしが成り立つように決めています。
もちろん子どもたちに食べさせたり学校に行かせたりする費用も出せる値段で取引していますよ。

みんなで暮らしをよくする知恵を出し合っています。

みんなの学校をつくったり、進学や結婚・家を建てる・苗を買い足すときにお金がいるので「みんなの銀行」までつくる人たちも!

フェアトレードチョコを選ぶことで、
私たちの健やかな暮らし+生産者さんの幸せな暮らし両方が実現します♥

そんなチョコレートを一緒にひろめてくれる仲間を募集しています!
10年前くらいからはじめている「チョコ大使」制度です。